准分子UV照射装置・UV-LED照射装置的开发・制造・贩卖

UV-LED


UV-LED照射装置的主要特诊

QUARK制UV-LED单元,实现了以往的点光源无法实现的大面积改质的可能。

  • 减低照射不均匀
  • 被照物体的温度不会升高,实现低温固化
  • 照射装置可以自由设计(正方形、长方形、圆形等)
  • 内置冷却系统,实现照度的安定
  • 光纤等传送材料不使用直接光源
  • 低耗电、长寿命(是高压水银灯1/10的耗电量、寿命的12倍


UV-LED照射的用途

  • 电子部品、光学部品等的贴合、干燥
  • 印刷油墨的干燥
  • 抵抗改质乾燥・硬化
  • 触摸屏等贴合时的UV固化


UV固化

在紫外线的作用下从液体变为固体的变化过程叫做【UV固化】、固化用的合成有机材料被称为UV固化性树脂。

光硬化性樹脂は、一般に

  1. 单体
    重合之后变成大的分子,从而形成塑料的有机材料
  2. 低聚物
    モノマーを予め幾つか反応させてあるものでモノマーと同様に重 合して大きな分子となりプラスチックを形成する材料です。
  3. 光重合開始剤
    モノマーやオリゴマーは簡単には重合反応を起こさないため光重合開始剤を配合し、これにより反応を開始させます。
  1. 開裂反応
  2. 水素引き抜き
  3. 電子移動などの反応を起こす。

この反応によりラジカル分子、水素イオンなど反応を開始する物質が生成します。生成したラジカル分子や水素イオンなどがオリゴマーやモノマー分子を攻撃して3次元的な重合や架橋反応を起こします。この反応により一定以上の大きさの分子になると、光照射した部分が液体状態から固体状態に変化します。
硬化の様式は、自由に動き回ることの出来る液体の光硬化性樹脂は、その中で、次のようなステップで硬化する。

  1. 光重合開始剤が紫外線を吸収する。
  2. この紫外線を吸収した光重合開始剤は活性化する。
  3. 活性化した光重合開始剤は分解等を経てモノマーやオリゴマーなどの樹脂成分に反応する。
  4. この反応生成物はさらに、樹脂成分に反応し、連鎖的に反応が進行する。そして3次元的に架橋化反応が進行して分子量が増大し、固体となる(硬化する)。